マイアミバイスとX-MEN3

忙しいと言いながらも、レディースデイになると映画館へ足を運びます。
これは先々週にハシゴした映画です。

ちょうど韓流映画の公開と重なっていたので、
いつもよりやや平均年齢が高かったような…。
それはともかく。

画像■マイアミバイス
80年代に大ヒットしたテレビシリーズ、
マイアミでスポーツカーかっ飛ばしてる、ポリスアクションってイメージ。
映画もそのイメージ通りです。

まずは巨大麻薬密輸組織に潜入する、イケメン捜査官2人。
怪しげなクラブでのパーティ、
カリブの海をクルーザーで美女と疾走、
高級車で派手なカーチェイス、
期待通りの絵がどんどん出てきます。

この映画ではすべてが思うとおりに運ぶ、ある種の快感を味わえるのです。

麻薬組織のボスの情婦はとびきりの美女、
もちろん主人公ソニーと恋に落ちます。
相棒には捜査官仲間の恋人がいますが、
もちろん誘拐されて取引しろと迫られます。
そしてラストは…やっぱりそうだよね…と落ち着くところに落ち着きます。

難しいこと考えたくないときにはぴったり♪
DVDになったら昼下がりにビール片手に見るのがいいんじゃないかなぁ。

画像■X-MEN3
シリーズ物なのに、なんと私は初めてという無謀な試み。
さらにサブタイトルがFinal Decision! っておいおい、最終話から見てどうする。
と自分で突っ込みつつ、指輪物語じゃあるまいしたぶんこれだけ見ても大丈夫だろう…と安易に決定。
時間がなかったし他に見たい映画もなかったので。

結果、大丈夫でした。
いちおうパンフでだいたいの人間関係はおさらいしてたし、
悪いヤツはちゃんと悪いもんの格好で出てくるので、わかりやすいです。

CGてんこ盛りで迫力の戦闘シーン。
これがなんと言っても見所です。
アルカトラズへ渡るのにゴールデンゲートブリッジをねじ曲げてましたけど、
普通に船で行けばいいのに? という疑問を持ってはいけないのでしょう。

3ではミュータントたちの表面的な能力だけでなく、内面の心理状態も描かれています。
ミュータントの能力を消す薬が開発され、それを受け入れるかどうか…
社会的な迫害から逃れることはできますが、それはアイデンティティの喪失ではないか
そういった葛藤も描かれています。

極端な形ですが、人種差別や社会的弱者への迫害というテーマをも持っているわけです。

さて、シリーズ通してのヒロインはアカデミー女優のハル・ベリー!
彼女はキャットウーマンでラジー賞もらっちゃってますけどね。
今回もやってもうたかな~とちょっと心配にはなりましたが、
まさか2回目はないよね。

アカデミー賞を獲っても、ワイヤーで吊られるハードなアクションをがんばる彼女、
ラジー賞の授賞式に現れたというのもお茶目でけっこう好きです。

最終話となっていますが、最後はいかにも続きを作りたいよ~
という感じの終わり方でした。
ハル・ベリーがOKしてくれたら続きがあるかもね♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック