ユナイテッド93とワールドトレードセンター

9.11から5年です。
あの日、夜の9時過ぎにテレビをつけるとほとんど同じ映像で。
何何? という不思議な違和感。
「飛行機がワールドトレードゼンターに衝突しました」
てっきり観光用の軽飛行機が操縦を誤って…っていう話かと思ってたら2機目が!
しかもでかい、どう見ても旅客機。
ただことではない…そして…。

5年の年月が映画化するのに長いのか短いのかはよくわからんのですけど、ふたつの映画が解禁されました。
ユナイテッド93はすでに日本でも公開されています。ワールドトレードセンターはもうじき公開されます。

同じように9.11を題材にした映画ですが、このふたつには決定的な違いがあります。

ユナイテッド航空93便、あの飛行機はあの日ハイジャックされましたが、途中で墜落し犠牲者は飛行機に乗っていた人たちだけでした。つまり生き証人はいません。残されたのはボイスレコーダーと乗客が個人的に残したメッセージだけです。
ワールドトレードセンターの惨劇には多くの犠牲者が出ましたが、たくさんの人たちが生還していて、救出に向かったレスキューの人たちの証言も得られます。

しかし、このふたつの映画の作り方は真逆です。
私は両方とも観ていませんが(こーゆーのだめなんすよ、泣いちゃうんで)、それぞれに観た人の感想から不思議な感覚をもちました。

生還者のいないユナイテッド93ですが、本当に機内にカメラを持ち込んだのでは? という視点で見られるような作りだそうです。出演者は無名の俳優や本当の軍人たち。家族ドラマのエピソードを入れて「泣き」の演出をすることもなく、とどめは遺族への基金として収益の一部を寄付するというテロップ。

ワールドトレードセンターはオリバー・ストーン監督、ニコラス・ケイジ主演とメジャーな名前が並びます。モデルとなった人もちゃんといてドキュメンタリーに仕立てられたはずなのに、エンターテイメントとしての面を忘れていない感じがします。

ユナイテッド93は助からないと悟った乗客が「Let's Roll!」と言ってコクピットに突撃します。そして飛行機は標的には当たらずに単独で墜落します。
でも、それって見た人はいないのです。
そうあって欲しいという映像です。
遺族は少しだけ救われるかもしれませんけど。。

ワールドトレードセンターではニコラス・ケイジとモデルになった消防士の人はあんまり似ていません。でも「勇気、そして生還ーそしてこれは真実の物語」というコピーが書かれています。
ウソではないと思います。でも真実なのかな?

どちらにしろ、この事件で金儲けすんなよ…という批判もありますし、風化させないためにもこの映画は必要だという議論もあります。そのあたりのコンセンサスは遺族が納得すればいいんだろうか?

日本で例えれば日航機墜落の映画は、何年経っても作れないですよね。日本が沈没するのは平気でも、飛行機が落ちて身内が死ぬのを突きつけられたら、それがどれほど感動的な、素晴らしい犠牲であっても、またどれほど美化してもらったとしても映画にして欲しいとは思わないのですが。
それとも当事者となれば故人の思い出が映画になって嬉しいの???

映画を観て解決する疑問でもなさそうなので、やっぱりあまり観る気がしません。
どちらにしろ、あの5年前の「え? なに?」という愕然とした思いを超えられるとは思えませんので。

日本もよその国のこと言えやしないけど、飛行機突っ込まれる前になんとかできなかったかな…、ブッシュさん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック